翻訳サービスの有効活用|大切な議事録をテープ起こしによって文章化しよう
男女

大切な議事録をテープ起こしによって文章化しよう

翻訳サービスの有効活用

グラフとPC

専門分野の翻訳にも対応

国内の消費者や企業を相手にした商品やサービスを販売している企業では、業務の中で翻訳作業の必要が生じる場面は限られているものです。場合によっては海外から輸入した原料や機械に伴う仕様書やマニュアル類を翻訳することもありますが、基本的には日本語の範囲内でビジネスが完結できます。しかしながら経済のグローバル化が進んだ現在では、国内消費者や企業だけをターゲットとするビジネスに限界が見えているのも事実です。成長する企業の多くは海外に目を向けており、外国企業との取引や海外消費者と直接のつながりを持とうとしているケースも増えています。インターネットの普及がこうした動きをさらに加速させ、国境の壁が近年ではますます低くなってきているのです。そのようなグローバル経済の時代にあっては、英語を始めとする外国語がビジネスに取り入れる機会も多くなります。外国語で書かれた契約書や技術書・マニュアル類を頻繁に扱うようになると、自社の社員だけでは対応しきれなくなるものです。そうした企業で多く利用されている翻訳代行サービスは英語ばかりでなくアジア諸国の言語など多言語に対応し、専門分野の翻訳も可能な点が大きな特徴です。

外注による人件費節約

対象とする消費者や取引先企業が英語圏の国にある場合は、ある程度の英語力を持つ社員を雇用することで翻訳作業を賄うことはできます。中国語や韓国語などアジア諸国の言語でも、翻訳に対応できる社員がいれば翻訳代行サービスを利用するまでもないように思われがちです。しかしながらそのようなビジネス上の翻訳業務には高い精度が求められ、契約書のように誤訳が許されないケースも少なくありません。二重三重のチェック体制も必要となることから、翻訳作業には多くの人件費がかかってくるものと予想されます。そうした翻訳作業は短期間に集中する傾向も見られる一方で、高度な翻訳能力を身につけた社員が通常は別の業務に従事させられる場面も考えられます。経営合理化を推進させている企業では、人件費が増大しがちな翻訳業務を翻訳代行サービスにアウトソーシングすることで経費節減を果たしています。短期間に集中する翻訳業務のために語学力の高い社員を雇用する必要がなくなれば、長期的視点から見ても経営にはプラスに作用するのです。特に学術論文や技術仕様書といった専門分野に強い翻訳代行サービスは利用価値が高く、世界で活躍する日本企業を支えているのです。