ビジネスマン

大切な議事録をテープ起こしによって文章化しよう

海外事業を翻訳業者が支援

メガネと本

多言語翻訳サービスは、グローバル化で海外事業を展開する企業が多くなり、現地語での意思疎通の必要性が増してきたため、人気です。翻訳という煩雑な仕事をアウトソーシングすることで、コストを削減できます。業者を選ぶ際はビジネスはもちろん、各専門分野への理解などの専門性、明朗で柔軟な価格設定が、ポイントです。

Read More

便利なアウトソーシング

男性

社内で多言語翻訳に対応できないという場合には、アウトソーシングの利用が便利でおすすめです。最近ビジネスシーンでよく利用されているテレビ電話通訳サービスも、翻訳サービスと併せて利用してみましょう。

Read More

翻訳サービスの有効活用

グラフとPC

海外企業と取引のある場合や海外消費者を対象としたビジネスを展開する企業では、契約書やマニュアル類の翻訳作業も必要です。自社の社員で翻訳作業を行うよりも、翻訳代行サービスを活用した方が人件費の節約になる例も少なくありません。専門分野に対応した翻訳代行サービスなら、学術論文や技術仕様書の翻訳も安心です。

Read More

意識したい議事録管理

女性

外注するという選択肢

ビジネスシーンにおいて大切なのは、適切な情報管理です。特に意識したいのが、議事録の取り扱いです。たとえば、株主総会や重要な議題を扱う会議の場合、そこでの発言は将来的に確認する可能性も高いため、議事録は関係者が利用しやすい形式で保管しておくことがもとめられます。しかし多くの企業の場合、こうした会議の場では自社の社員が書記を担当し、交わされた会話の要点を資料にまとめておく程度の対応にとどまっており、記録漏れなども少なくないのが現状です。そこで、有効なのがテープ起こしサービスの利用です。外部の専門業者へ音声を渡し、文字に起こしてもらうことで、社内の重要な記録情報を関係者がわかりやすい形で管理することができます。

業者選びが重要

テープ起こしサービスの人気の理由はさまざまですが、ひとつにその専門性の高さが挙げられます。通常、テープ起こし業者にはそれぞれ、強みとする専門領域があり、医療やIT、財務や法律など分野は多岐に及びます。そのため、自社がテープ起こしを依頼したい音声テーマに即した業者を選定することで、より質の高い文字起こしが実現します。特に、専門用語が頻繁に登場するような会話の場合、テープ起こしをする側にも高いスキルがもとめられます。仮に雑音が混じるような音声データであっても、テープ起こしを行うテーマに精通する業者であれば、正確に書き起こすことも期待できるため、業者選びは慎重になるべきです。まずはテープ起こし業者を複数比較し、自社のニーズと合致するものを検討しましょう。