様々な現場で活躍のアクリル板|日本の技術力は世界一

笑顔の作業員

金型のこれから

ヘルメットをつけた男性

金型の部品加工業界の変遷

金型メーカーは、自動車の製造技術を始めとする日本の製造業を長年支えてきました。代表的なのは自動車の金型の部品加工などが挙げられます。しかし、近年は海外のメーカーの台頭や製造業の生産、開発拠点の海外進出などによって、十数年前とは状況が目まぐるしく変わってきています。近年は従業員数が数百人の大規模な金型メーカーが増えている一方で、従業員の少ない小規模なメーカーの倒産が増え続けている現状があり、小規模なメーカーは苦境に立たされています。メーカーは生き残っていくために、中には金型の設計をやらずに、部品加工に特化する企業や、高度な技術を売りに売り込みをしていくなどの動きが今後さらに加速していくでしょう。また、アクリル板も活用できると好評です。様々な現場で使われており、アクリル板はプロだけでなく素人にも愛用されている傾向があるのです。

メーカーに求められるものとは

金型の部品加工を特注で行うメーカーや、設計から金型製作の開発に取り組むメーカーなども増えてきています。高品質な部品加工の技術を売りにするメーカーも増えてきています。しかし、自動車や精密機器メーカーが自らコアな技術となる高品質で高い技術を使った部品加工に取り組み力を入れている企業も現れてきています。そのような企業は、外部に発注する金型メーカには、高度な技術を求めるのではなく、納期や高い品質を重視するため、金型メーカーが独自に高度な技術を磨いても、それが必要とされないという結果になっているメーカーもあるのが現実です。金型メーカーにとっては、自社が手がける技術が市場から求められるかどうかを慎重に見極めていく必要がありそうです。

金型の重要性

修理作業

金属加工の一つに金型の活用があります。金型を使用することで効果的に大量生産することができ、また金型でしか整形できない部品加工過程も存在します。そのため製造業においては無くてはならないものです。

View Detail

金型作成方法

資材

部品加工の一つに金型が存在し、金型を使うことで部品加工が効率的に行うことが出来ます。金型を作成するにはCADソフトを利用するのが一般的で、三次元的な図面作成のスキルが必要になります。

View Detail

様々な場所の補修

眼鏡の作業員

ポリカーボネート板は有効活用する事で様々な場所で役立つでしょう。壁や屋根など、壊れると困る場所でも迅速な対応によって生活のリズムを元通りにする事が可能です。耐久性があるのが特徴的です。

View Detail